交通事故治療

交通事故からの治療(後遺症に苦しまないために)

Jiko2

むち打ち症とは

むち打ちは頸椎捻挫(けいついねんざ)とも呼ばれ、交通事故の後遺症として非常に高い頻度で発生します。衝突事故で起こることが多い症状です。 交通事故による強い衝撃で腰椎・胸椎(背骨)から頚部・頭部にかけて、ムチを打った様にしなり、頚部に大きな衝撃が伝わり、神経・筋肉・靱帯等が損傷される外傷です。

▼こんな症状が出たら要注意!↓

・こわばりなど頚部の不快感
・肩こりの悪化
・首スジの張り感
・頭を動かせる範囲が狭くなる
・頚部の痛み
・肩・腕・指にまで広がる痛み
・頭痛(後頭部・前頭部・こめかみ・全体など様々)
・頚部・肩・腕・指にピリピリする感覚がある
・握力が弱くなったような気がする
・目が疲れやすい・めまいがする
・吐き気・息切れや動悸がする

数日経過してから、こうした症状が出てくる場合がありますので、体の変化を軽く見過ごさないようにしましょう。また、事故以前から頚部の状態が悪い人は不安定性が増し、症状を悪化させる可能性もあります。

リラクスペースぴよぴよ 施術

むちうちの種類と症状について

■頚椎捻挫型 

頚椎が衝撃を受けた際に椎骨に外力が加わり、靭帯が引き伸ばされたり、傷ついて捻挫を起こした 状態になります。4タイプのなかで最も多くみられ、むち打ち症全体の70~80%を 占めているとされています。 首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもありますのでお早めにぴよぴよにご相談ください。

 ■根症状型 

頚椎に変形があったり、頚椎の椎間孔が狭くなったために、脊髄から枝分かれした神経が圧迫されて 症状を招きます。首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが 現れます。 これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に 引っ張ったりしたときに強まります。

 ■バレ・リュウー症状型 

後部交感神経症候群ともいいます。血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による 圧迫を受けて、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、症状が現れると考えられています。 後頭部や首の後ろの痛みをはじめ、めまい、耳鳴り、難聴、目のかすみ、眼精疲労などが 起こることもあります。また、それほど多くありませんが、顔面やのどのあたりの違和感、腕のしびれと いった知覚異常や声のかすれ、嚥下困難、胸部の圧迫感などがみられる場合もあるようです。 根症状型とバレ・リュウー症状型の混合型もあります。

■脊髄症状型 

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、圧迫を受けた場合にみられます。下肢に伸びている神経が 損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。 また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあるので早期治療が必要です

交通事故による様々な症状

むち打ち以外にも交通事故の後遺症として多く発生するのが、腰痛です。 交通事故などや転落事故などで腰椎が骨折・脱臼し、それが原因で腰痛が慢性化する場合があります。 このような外傷は、手術で治すことはできますが、完全に元通りに腰椎が機能するとは限らず、安定性が悪くなるなど、何か不具合が起きるようになって、事故の怪我の後遺症として腰痛が起こる場合が多くなります。

骨には異常が無くても、打撲で捻挫などを起して、腰痛やその他思いもよらない場所に痛みが起こる場合もあります。 骨に異常がないので、痛みがあっても無理をする人が多いようですが、きちんと治さないと症状が慢性化してしまうので注意が必要です。

 

少しでも痛みがある場合は、当院までご相談ください。

リラクスペースぴよぴよ 施術